テーブルコーディネート、センスがないと思っているあなたへ。

こんにちは。

食空間コーディネーター まゆ です。

今日は、多くの方からよく言われる「私センスがないんです。」というお悩みについてお話しいたしますね。

いきなりですが、質問です。

センスって、元々持っているか、持っていないか、というものだと思いますか?

   ・

   ・

   ・

私が思う正解は、

「持っているもの」ではなく、「身につけるもの」なんだと思うのです。

だから、『センスがない』のではなく、『センスを身につけていない』ということ。

 

センスって、「生まれ持ったもの」、「天性のもの」というイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、私はそうではないと思っているんです。

お洋服のコーディネート、お部屋のインテリア、テーブルコーディネート、これまでに私が接してきた『センスのよい方』みなさんには共通していることがあると思っています。

 

ここでは、わかりやすく、「お洋服のセンス」を例にとってお話しいたしますね。

共通していること、それはまず第一に、とっても好き!ということ。

いつお会いしても、おしゃれなお洋服をセンス良く着こなしている方は、みなさんやっぱり

 「お洋服が好き!」

 「おしゃれが好き!」

 「お洋服の組み合わせ(コーディネート)を考えるのが好き!」 という方ばかりです。

お洋服がおしゃれな人は、たぶん常日頃からファッション雑誌をたくさん読んでいたり、街ゆく人のおしゃれを何気に観察(チェック)していたり、お洋服のコーディネートを考えたりする時間が人よりも多くて、時には自宅で手持ちの服を色々と組み合わせては、鏡の前で、ひとりファッションショーをして楽しんでいたり。

きっと、おしゃれが大好きだから、『おしゃれ』について人より知識を持っていたり、おしゃれに割いている時間が多いんだと思うんです。

私の知人にも、美容室で片っ端からファッション雑誌を読みあさるのが楽しみ!と言っている方がいますが、その知人は、とってもおしゃれでセンス抜群なんですよね。

興味がある!というレベルではなく、大好き!のレベルです。

 

次に、物の組み合わせをわかっていること!です。

これは、言い換えると、『学んでいる』、『しっかり勉強している』ということだと思います。

『色』、『形』、『素材』、『そのものが持つイメージ』など。

例えば、色について言うと、

 色の持つ印象:白は爽やかに見える、紺色は落ち着いて見えるなど。

 T.P.O. :ビビッドなピンク色は落ち着いた場所にはふさわしくないなど。

 色の組み合わせ:白と青の組み合わせは相性がいい、など相性を知っていること。

あなたにも経験がありませんか?

「えっ?どうしてこの色のシャツにこの色のスカートを組み合わせちゃったのかしら?」と違和感を抱かずにはいられないような方を街で見かけたことがあるかと。(笑)

組み合わせの仕方については、『形』や『素材』、『そのものがもつイメージ』などでも同じことが言えますよね。

 

最後は、自分に似合うものを知っている!です。

文字通り、自分のことをよくわかっていて、似合うものを身につけている方は、とてもセンスよく見えますよね。

きっと、自分のことをよく研究しているとか、過去の経験から自分を客観視できるとか、人の意見に耳を傾けて、自分が見られているイメージを知っているとか、もしかしたら見られたいイメージに徹しているという場合もあるかもしれません。

モノを知っていて、上手に組み合わせられていると、見ているこちらもしっくりくるのですが、「センスがないなー」と感じてしまうのは、何か違和感を感じてしまうことなんだと思うのです。

余談ですが、流行を追っている人は、一見するとおしゃれでセンス良く見えるかもしれませんが、実はこれは「単に敏感な人」というだけなのかな、と思います。

あとは、人と違うものや、変わったものを持っているのも、その人に合っていれば、とってもセンス良く見えますね。これは、自分を知っていて、モノを知っている、上手に見つけ出すことができる人です。やっぱり、好きでおしゃれに時間を費やすことができているからなのでしょうね。

 

さて、以上のことをまとめると、

・大好きで常におしゃれについて考えている。おしゃれに使っている時間が多い。

・モノの組み合わせを知っている。

・自分のことをよくわかっている。

となります。

 

これをテーブルコーディネートにあてはめてみると、

・大好きで、いつもテーブルコーディネートのことを考えている!

・色の知識があって、上手に組み合わせられる。

・カジュアル、フォーマル、エレガントなど、様々なシーンのイメージがわかっている。

・磁器、陶器、漆器、ガラス、など素材についてよくわかっている。

・正しいセッティングの仕方を知っている。

などなど、あげればキリがありませんが、

テーブルコーディネートが好きで、きちんと学んで、自分の好みを知ることができれば、自然と得意になってきて、センスが身に着いてきます。

 

そうです!

センスは身に着くんです!

 

そんな私も、今ではコンテストで賞をいただいたりするまでに成長しましたが、テーブルコーディネートを学ぶ前や、学び始めの頃は、今となっては本当にお恥ずかしいテーブルでお食事をしていました。

その頃の写真を見ると、我ながら「センスないなー」って思います(笑)。

私も、最初からセンスがあったわけではないんです。

 

テーブルコーディネートの世界にたくさん触れて、しっかり学べば、自然と自分の好みがわかってきます。

自分の好みがわかってくると、お買いものも上手にできるようになってきますし、上手に組み合わせることもできるようになってきます。

上手になりたいなら、「学ぶこと」が最短の近道です。

だから、「私、センスがないから~」だなんて、最初からあきらめないでくださいね。

一緒に学んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Send a Comment

Your email address will not be published.